〜無酸処理の海苔〜七ヶ浜「星のり店」 [新商品]

星のり店
酸処理しない海苔

ブラシ掛け養殖
(EMブラッシング製法)

星のり店の最大の特徴は無酸処理とブラッシング製法による海苔作り。
手間暇をかけることで環境にやさしく、海を、そして自然を守り続けたい。
そんな想いで丹精込めて作っています。
東と北は松島湾、南は太平洋と三方を海に囲まれた七ヶ浜からお届けします。

■酸処理のお話■

見ための良さを追い求めた先にあるのが「酸処理」です。 海苔の酸処理とは、品質の低下や病害をもたらす雑藻類、アオノリの駆除のために、養殖網ごとにpH2の有機酸溶液に浸し、また海に戻すという消毒のような工程のこと。
酸処理された海苔は数分間処理をするだけで、雑藻が駆除されるだけでなく、黒々としてつやが増すといわれています。
一般的な海苔の評価は色、つやを基準として等級が付けられるため、全国の産地で多用されているというのもうなずけます。
しかしそれは、大量の酸処理剤が養殖場の浅い海に流出しているということでもあります。
酸処理で使われている有機物を分解するために酸素不足となれば魚介類にとっても海自体にとっても環境の負荷となってしまいます。
またリン酸や塩酸などの効果が高い酸は農薬などに利用されるような薬品です。
酸処理作業をおこなうとどうなるか、海苔本来の味や香りがそこなわれてしまうだけではなく、身体にも悪影響をもたらす可能性は否定できませんし、当方もおすすめしません。

【酸処理剤成分】

  • クエン酸
  • リンゴ酸
  • リン酸
  • 塩酸

当店は酸処理しない+EMブラッシング製法

当店は先に記載した酸処理は一切行わず、ブラシ対策とEM菌で病気に負けない多細胞海苔養殖を実施しています。
時短やコスパに終始するとホンモノは作れません。
手間暇をかけて網に付着した汚れを取り除いています。
4m×20cmの巨大ブラシで海苔芽をゴシゴシ、葉面にEM菌を散布し、雑草も、病気も排除。
そしてEM効果によって、酸処理では落ちてしまう風味や香りをしっかりと残します。

ブラシを掛けることによって、海苔芽が細胞分裂を繰り返しり多細胞になります。
海苔は細胞1個1個が栄養を取り込む「口」なので多細胞は多栄養となり、美味しいと感じる味の源「アミノ酸」が多くなっていることになります。

【Emとは】

昔から世界各地にある発酵食品(パン・ヨーグルト・納豆・味噌・醤油・酒)に使われている微生物(麹・乳酸菌・納豆菌・酵母)など自然界の有用な微生物を集めたものです。
世界150ヵ国以上で使用され、多くの自治体やNGOが河川や湖の浄化に広く活用しています。
※EM菌という表現で使用する場合もありますが、EMに含まれる代表的な菌は乳酸菌、酵母、光合成細菌ですので、EM菌という単一の菌は存在しません。

【EM成分】

  • 乳酸菌
  • 納豆菌
  • 酵母

人間の健康は田んぼ、海と繋がっています。
人の健康を守り、環境を守るこのこだわりと「心」を受け取ってください。
子供達に安心できる食材を。そしてヒトの健康に良いモノを提供するために本物の海苔をこれからも育てて生きます。

12